演説会に行ってみた

今日は、とある衆議院候補者の演説会に行ってみました。

 

会場は、満員の聴衆者で溢れかえっていました。

 

演説会が始まって、まず思ったのが司会者の進行のへたさが目立っていました。

(これだけでだらしなく感じていました)

 

各地方議員さん挨拶があり国会議員さんの行動で地方がよりよくなると言ってありました。(これはかなりソフトに書きましたが、私は露骨に言ってるな~ってイメージ)

 

そして、本人到着~挨拶。

 

私が、いつも見ている議員達との違いをまじまじと見ることとなった。

 

内容は、興味のある地元の話でよしとして話し方はわざとだろうか方言まるだしで話しはじめ、上から目線で政策を話しているようにしか見えなかった。

厳しいというものの必死さは感じられず話の節々に自分は大丈夫と言っているようだった。

 

正直レベルの低さにびっくりしたのだが、今日感じたのは結局才能があろうがなかろうが、仕事ができようができないでも運がある人(そういうポジションにいる人)は、それらに関係なく安泰な人生を歩んでいけるんですね~。

これは、政治家でなくともどのジャンルの世界でもいえる話でした。

 

まっとうな人が涙をのんでいる。そんな人達に光あれ!!

 

http://nagare.xyz/

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村