ありがたき先輩

f:id:tesagurihitori-sack:20170720233847j:plain

先輩から電話が入っていた。

夜は22時30分に出先だった。疲れもあった。他の友人に電話もしないとならない。

 

折り返したくなかった。

 

でも留守電を律儀に入れてくれていた事に無視できなかった。

 

久々に話す先輩の依頼は、来月ギターを弾いてほしいんでよろしくという内容だった。

 

要件はそれで終わり近況を聞かれると僕は、生活の辛い話を聞いてもらっていた。

すると先輩も周りで起きている話をしていただいた。

先輩と話す中で僕も含め周りの人々も感情だけのぶつかり合いばっかりと気づかされた。

 

僕は、思った。先輩の考え方は、感情論の先を行っている。

感情ばかりのぶつかり合いの先に起きてくる現象に対してその起こった現象により自分が成長できるという考え方だった。

 

先輩のように生きたいと思った。

 

先輩かっこいい!!