THE BEATLESのコピーバンドしてたころの嫉妬

まだ20歳のころだった。

僕は、ジョンレノン役だったのですが、ジョージハリスン役の彼ととても仲が良く毎日のように一緒で夢を語り、馬が合う友人だった。

 

高校1年で初めて会って話したのは、ティファニーが歌う i saw him standing thereがバスの中で流れていてビートルズの話を僕が始めると彼が話に乗ってきてとんとん拍子で仲良くなりバンドのメンバーになった。

 

f:id:tesagurihitori-sack:20170718003734j:plain

バイトも一緒にやってギターを買ったりした。

一緒にポールマッカートニーのクローズドサーキットやコンサートも行った。

 

そんな彼に彼女ができた。(僕にはいなかった)

 

僕は、その彼女に何も感じなかったし彼の彼女くらいなもんだった。

 

相も変わらず、僕らは仲が良かった。

 

ある日僕は、彼の家に遊びに行っていた。

彼女と電話していたのでギターを弾いていたら、

「ギター弾くな!やめて」

と彼女が言っているから弾かないでと。

 

その頃彼女との電話が長く待つのが辛くてイライラしていた自分もいた。

終電が近いのにいつまでも公衆電話で話している彼にイライラしたこともあった。

 

次第に僕も邪魔な存在と感じたんだと思う。

そのうち彼に

「なんで私と会った後にあの人に会いに行くの?」

と言うようになってきた。

 

ちょっと待て!

僕はその時思った。

何それ?もしかして恋愛敵になってないか?

おいおい僕は、彼に恋愛感情なんてないよ。勘違いするんじゃないよ。

 

その時、ジョンレノンと小野洋子の関係に悩んだポールマッカートニーの気分はこんな感じかなと思った懐かしい記憶でした。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村