空に星が綺麗

今日も暑い一日でした。

暑いせいか昼間運転中かなりの睡魔が襲ってくる。

疲れ取れていないのかな~

 

地元の先輩と最近よく会っていて会社で起こったむかつく出来事を話していただく。

仕事

雇用主と従業員

努力した分の見返り

時間外労働

人間関係

怒り

苦しみ

どっちが正義でどっちが悪か

 

こんな話を聞いていた。

 

無性に斉藤和義さんの

 

空に星が綺麗

が聞きたくなった。

 

歌詞が刺さります。

 

あの頃って本当守るものもなくて夢ばっかり語っていたな~なんて思い出します。

そして今も心の中でざわつくあの気持ちって奥底では残っているよな、なんて思っても現実の今は人に頭を下げて辛い思いをして作り笑いで過ごしても目に見えない涙をながしている。

最後に誰も悪くはないさ きっとそういうもんさって、心に染みてきますね。

 

斉藤さんがどんな意図で書いたかはわかりませんが、いろんなことがあるけど空には星が綺麗とあるから上を向いて歩こう!!