健康診断

今日は、毎年恒例の健康診断だった。

そもそも健康診断でわからないことが多すぎる。

 

問診票での〇付けは、返事に困る質問が毎回ながらあります。

他人と比べて歩くスピードが遅いみたいな質問や健康改善の指導を受けたいかみたいな質問正直わからないんです。

 

歩くスピードなんて他人と比べたりしない。街に住んでるなら電車等でのホームを歩くスピードでもしかするとわかるのかもしれないがここは田舎で人となんて歩かないよ~と思ってしまう。

 

健康改善の指導は、もし連絡がきたら体のためには受けたほうがいいのはわかるのですが実際仕事してて毎回そのために時間を割いて休んだりしないとならないんでしょうから会社の人達に対しても嫌な思いをさせていい顔されないななんて思ってしまうんですよね~。(+_+)

 

検尿の不安

朝起きてトイレに行くので病院での最初の工程での検尿は、とても毎年不安になります。たぶん少しだけでも検査はできるんでしょうからそこまで心配しなくてもいいんだろうけど。

ツバを意識して飲み込んだりしてなるべく出るよう無駄な抵抗してるなと自分を馬鹿に思う。

ももうちょっと後の工程にいれてほしいな~。

 

淡々と測定が進んで行く中で体重増加や、腹回り、血圧すべての増加にアーと思い不安になりながらそこになにも触れられるわけでもなく、心配になって行く。

 

腹部のエコーを受けた。エコーの部屋って毎年静かで少し薄暗いのでされながら眠くなる。今年も眠くなった。壁向き横向き時先生の体が当たり体温を感じると本当眠くなってしまう。

 

そして胃カメラ検査、僕は眠ってする検査をする。そもそも初めての胃カメラ検査の苦しみはもう2度と受けたくないと意識づけた。

前に通っていた胃腸科での眠る検査は、非常によかった。日頃の疲れをここで取るぞとさあ寝るぞみたいな感じで前処理含め苦しくもなく検査を受けれた。

しかし今の病院前処理が苦しいんです。麻酔剤を口にくわえ10分待つ行為かなりの苦痛それが今年は、聞いてください奥さんなんと!!5分になりましたヽ(^。^)ノ

それでもやっぱりきつかったな。

そして毎年ながらされてる最中に目覚めてしまう。

自分でストレッチャー?かな自分で移動する。そしてその後落ちていくパターン。

起きてからも今日はうとうとで総合での先生の問診話は、半分覚えてないなー(^_^;)