ユニコーン

 今日は、雨の一日でした。

たまたま流れてきた曲それは、ユニコーンの大迷惑。おもわず曲に合わせて歌ってしまったのだった。

 ということで思い出にひたってユニコーン、また奥田民生さんについての僕の出会いからかいてみようかな。

 

そもそも初めてユニコーンを知ったのは、やはり大迷惑のミュージックビデオだったのかもしれない。

覚えてないくらいユニコーンに興味がなかった。

 当時MTVの流行でよく流れていた気がします。初めて見た時オーケストラをバンド演奏に乗っけてる姿にビートルズの真似、新しくないなんてませガキの僕は、思っていた。

 毎日集まる仲間が、ある日集合場所に居ないので探してると市民会館の外にいた。チケット買えなかった貧乏人共は外からでも音を聞こうと壁に張り付いていた。

そんなユニコーン好きな友人を持っても興味なかった。

 

 月日は流れ、ある日のテレビ番組で流れたミュージックビデオ侍が西部劇に出ている!かっこいいと思った。

 曲。ん?サラリーマンの曲!

カッコいい~

と思ったわけです。その曲は、

ヒゲとボイン

もーやられたーと思いましたね~

それからユニコーン好きの友人にCDを借りました。まさにあの大迷惑の入った

服部!!

でした。

最初の衝撃は、EBIさんのペーターだった。

あれ?奥田さんじゃないんだ??

次々と変わるボーカル。

ビートルズやん!!

完全にやられてしまったのだった。

 よく考えたら当時こんなアルバムよく受け入れられたな~と思う。バブル時代だったからか遊び心?それとも完全に練られた計算?パロディか?当時の邦楽にこんなアルバムあったかなーと思うくらい珍しい構成だったな~。

 

しかし僕がやられた曲

ヒゲとボイン

は民生さん本人も言ってたけど地味な作品だった。

でもそれも好きですね~。

ちなみにヒゲとボインの最後のフェイドアウトをコンプレッサーで潰していったって画期的だなーと思いました。

 大迷惑

民生さんこれ書いたの20代なんだよな~

40代の僕の心に染みますな~

東京で単身赴任で働いてる友人を想う。